夢が実現したら、現実になる。
Let's do it!   
Suddo!!
学生団体「はたおり」の企画に参加

平成30年8月11日(土)学生団体「はたおり」が企画運営する「キカクカイギ」に参加いたしました。学生達が企画し参加企業を募り、仲間に参加を呼びかけ、就活を超えた県内の企業と学生をつなぎ「鹿児島がもっとわくわくする街」になって欲しいとの思いで行動する集まりでした。

 

集まりでは、まず学生に全参加企業の概況を説明したのち、割り振られた学生とその企業側とで「鹿児島県の関係人口を増やす」をメインテーマとして、その企業の持ち味を生かしてテーマに添った企画を立案し発表するものでした。

 

参加企業は8社(食品加工・家具販売・リサイクル・サプリ他通販・茶販社・広告企画、他)参加学生は22名(鹿児島大学・鹿児島国際大学・志學館大学他)でした。株式会社すっど運営事務局の概況を説明、夢課題の実現と起業・事業化を目指す人々を応援する企業で有ること、まだまだ未熟だがこんな企業が鹿児島に有ることを知っておいて欲しいとお話しました。

 

「すっど!!」のチームは、学生3名とでテーマに沿った企画アイデアを出し合い2時間程掛けて、地元産品に特化した飲食総合商社(店舗・通販・イベント等々)を創業する企画を作成し発表しました。美味いもので二度三度の来鹿、通販で鹿児島ファン増、イベントで理解を深め、根強い鹿児島愛を持つ人を増やすなどで「鹿児島県の関係人口を増やす」に繋げるものでした。

 

他の7チームもそれぞれ各社の持ち味を生かした、活性化につなげる企画を作成し発表。

全員による選考があり、我がチームはアピールが少し弱かったか優勝は逃しました。いずれにしろ、「すっど!!」の考える鹿児島を活性化する基本理念にもつながるイベントであり企画してくれた若者たちが頼もしく見えました。

 

「すっど!!」の広報の観点から、有意義な参加活動であったとおもわれます。

同席で知恵を出し合った学生から、「すっど!!」インフォメーションメンバー登録しますと、前向きな話が聞けました。